SUSC無人航空機操縦士3級
基礎的な操縦技能を習得。初心者にお勧め

受講期間:3日間 10:00〜17:00

受講料金:137,500 円

SUSC無人航空機操縦士3級資格は、ドローンの飛行経験が10時間以上あり、航空法が定める規則に則り、ドローンを正しく安全に運用することができる技術を身につけている事を証明します。

SUSC無人航空機操縦士3級コースの実技講習は、ドローンの飛行補助機能を有効にした状態で行いますので、初心者の方でも安心して受講いただけます。

国土交通省航空局へ無人航空機の飛行に係る許可承認申請において、「人口集中地区内での飛行(法第132条 第2号」の許可申請と、「夜間飛行(法第132条の2 第5号)」、「人又は物件と30mの距離が確保できない飛行(法第132条の2 第7号」、「催し場所上空の飛行(法第132条の2 第8号)」、「危険物の輸送(法第132条の2 第9号)」の承認申請時に、飛行経験の証明として使用することができます。

講習内容

  • 実技1:ドローン操縦基礎Ⅰ|起動から飛行まで
  • 実技2:水平飛行|位置補正を有効にした状態での
    水平飛行
  • 実技3:ホバリング|位置補正を無効にした状態での
    空中静止
  • 実技4:実技試験対策|旋回や対面飛行等の応用操作
  • 座学1:ドローン基礎講座|安全運用のすすめと飛行ルール

ドローン操縦基礎Ⅰ

操縦の基礎は電源を入れるところから。離陸準備としての機体のコンディションチェックの方法から学びます。
操縦操作訓練は、ドローンに搭載されている水平位置補正機能を有効にしたPモードで行います。
離陸ー水平移動ー着陸を一通りできるようになりましょう。これができなきゃ始まらない!

ホバリング

ドローンをはじめとする回転翼機は、機動性の自由度の高さが特徴です。前進や旋回は元より、前後左右への水平移動やホバリング(空中静止)、その場回頭すら可能です。
3級コースではホバリング操作訓練のみ自律制御機能を制限したATTIモードで行います。
本来Pモードで有ればドローンが自律制御でスティックから手を離せば行ってくれるホバリング、手動でその場に留まる操作は例え水平制御のみであっても大変です。

ドローン基礎講座

ドローンの飛行には守らなければならないルールがあります。それが航空法などの法律だったり運用における御作法だったり様々。
事故のないドローン利活用を目指すにあたり押さえておくべきポイントを纏めた基礎講座です。

・操縦技能認定証の取得には講習費用の他、セキド無人航空機安全運用協議会への発行手数料10,000円が必要です。

・認定証の有効期限は、発行より3年間です。

SUSC証書SAMPLE

※筆記試験と実技試験に合格すると、認定証と認定カードが発行されます。証書面とカード裏面に記載された飛行形態での操縦経歴が証明されます。

※実技講習内で行なった操作内容は基礎的な操作に留まっています。実際の飛行では更なる複合同時操作が必要となります。修了後も操縦技術の維持・向上に努めてください。

※SUSC無人航空機操縦士3級資格では「目視外飛行」の認証は含まれておりません。空撮を行う際にモニターを見る行為も「目視外飛行」に該当しますので、ぜひSUSC無人航空機操縦士2級へのステップアップをご検討ください。

※技能認定資格は操縦経歴を証明するための認定証であり、取得後自由にドローンを飛ばせるわけではありません。実際に飛行禁止場所や定められた方法に依らない飛行を行うには、国土交通省航空局の飛行許可が必要です。

※操縦技能認定証を有していても、飛行許可・承認内容の組み合わせによっては飛行許可・承認が出されない場合があります。