SUSC無人航空機操縦士2級
認定項目に目視外飛行を追加! 空撮がしたい、ドローンのプロを目指すなら

SUSC無人航空機操縦士2級は、ドローンの飛行経験が10時間以上あり、航空法が定める規則に則り、目視外飛行を含む全ての飛行形態でドローンを正しく安全に運用することができる技術を身につけている事を証明します。

SUSC無人航空機操縦士2級コースの実技講習ではGPS等による飛行補助機能を解除した状態での操縦訓練を行います。ドローンの傾きや高さの補助は有効ですが、ドローンが空中で自律停止しない状態での操縦となりますので、ある程度スティック操作に慣れが必要です。

国土交通省航空局へ無人航空機の飛行に係る許可承認申請において、無人航空機操縦士3級の認定項目に加えて飛行中のドローンを直接目視により常時監視しない状態で飛行させる「目視外飛行(法第132条の2 第6号)」の実績証明として使用することができます。

受講期間:4日間 10:00〜17:00

受講料金:170,500 円

・操縦技能認定証の取得には講習費用の他、証書発行団体への発行手数料11,000円が必要です。

・認定証の有効期限は、発行より3年間です。

ご希望の受講日程をお選びください

定員となり次第募集を終了いたします。なお、COVID-19曝露回避対策のため、当面の間、講習日程毎の定員を先着3名に制限いたします。定員超過となった場合は、受講日程の変更をお願いする場合がございますので、ご了承ください。

3名以上の同一グループで受講される場合は別途ご相談ください。

SUSC無人航空機操縦士2級コースは、

5月以降のご案内を予定しております。

SUSC証書SAMPLE

※筆記試験と実技試験に合格すると、認定証と認定カードが発行されます。証書面とカード裏面に記載された飛行形態での操縦経歴が証明されます。

※実技講習内で行なった操作内容は基礎的な操作に留まっています。実際の飛行では更なる複合同時操作が必要となります。修了後も操縦技術の維持・向上に努めてください。

※技能認定資格は操縦経歴を証明するための認定証であり、取得後自由にドローンを飛ばせるわけではありません。実際に飛行禁止場所や定められた方法に依らない飛行を行うには、国土交通省航空局の飛行許可が必要です。

※操縦技能認定証を有していても、飛行許可・承認内容の組み合わせによっては飛行許可・承認が出されない場合があります。

※ 当ページに記載されている料金表示は全て本体価格です。ご請求時には別途消費税が加算されます。