SUSC無人航空機操縦士2級は、ドローンの飛行経験が10時間以上あり、航空法が定める規則に則り、目視外飛行を含む全ての飛行形態でドローンを正しく安全に運用することができる技術を身につけている事を証明します。

SUSC無人航空機操縦士2級コースの実技講習ではGPS等による飛行補助機能を解除した状態での操縦訓練を行います。ドローンの傾きや高さの補助は引き続き有効ですが、ドローンが空中で自律停止しない状態での操縦となりますので、ある程度スティック操作に慣れが必要です。

尚、2級認定コースは3級認定コースに合格できる操縦スキルや知識を有していることを前提に講習が進行します。基礎的な内容からのスタートをご希望される場合は、3級認定からのステップアップをお勧めいたします。

国土交通省航空局へ無人航空機の飛行に係る許可承認申請において、無人航空機操縦士3級の認定項目に加えて飛行中のドローンを直接目視により常時監視しない状態で飛行させる「目視外飛行(法第132条の2 第6号)」の実績証明として使用することができます。

SUSC無人航空機操縦士2級
認定項目に目視外飛行を追加! 空撮がしたい、ドローンのプロを目指すなら

受講期間:4日間 10:00〜17:00

受講料金

¥ 170,500

SUSC無人航空機操縦士2級コースは、初級レベルの知識・技能を有しているという前提で講習を進行します。基礎からじっくり学んで、目視外飛行の認定を取りたいという方には3級→2級ステップアップの受講または、All in Oneパッケージのチョイスをお勧めします。

自信のある方、腕に覚えがあるという方は、いきなり2級コースの受講もOK。

実技講習では機体の飛行補助機能を半分程度キャンセルした状態での操縦が中心になります。

講習内容

  • 実技4:ドローン操縦基礎Ⅱ|ATTIモードでの操縦操作
  • 実技5:ドローン操縦応用Ⅰ|灯火(暗所)飛行
  • 実技6:ドローン操縦応用Ⅱ|目視外飛行
  • 実技7:実技試験対策|ATTIモードによる規定飛行
  • 座学2:ドローン法規|法律目線のドローンの飛行ルール
  • 座学3:自律飛行運用方法
  • 座学4:ドローンに纏わる航空気象学

・操縦技能認定証の取得には講習費用の他、証書発行団体への発行手数料11,000円が必要です。

・認定証の有効期限は、発行より3年間です。

SUSC無人航空機2級コースカリキュラム

ドローン操縦基礎Ⅱ

2級コースでは水平位置保持系の補助機能をキャンセルしたATTIモードでの操縦訓練がメインになります。
まずはATTIモードにおけるスティック操作に慣れる事と操作に対するドローンの動きを掴んでください。最新のドローンの多くは意図的にATTIモードに変更することできません。普段からドローンを扱っている人でも、Mavicシリーズ一筋のオペレーターは操作に戸惑うかもしれません。
山間部や障害物の多い場所での飛行に置いては、GPS遮断のリスクは付きもの。非GNSS環境下での飛行を中心に操縦訓練を行います。

基礎・応用座学

ドローンの安全飛行に係る基礎座学の内容をさらに深め、特に無人航空機に対する航空法による飛行規制や、現行の「無人航空機の飛行許可承認制度」についてさらに掘り下げます。
目視外飛行を踏まえた注意事項やリスクアセスメント、ドローンに纏わる航空気象学、自律飛行システムの操作運用方法など、より実用重視の知識を学びます。

応用操縦訓練

3級までのカリキュラムでは、操縦者は飛行しているドローンを直接目視で見ながらの操縦が基本でしたが、2級コースの中では暗転した状態での灯火飛行や、機載カメラからのライブビューや障害物検知センサーからの情報を頼りに、飛行経路や機体の周辺の安全確認を行いながら飛行する術を学びます。

SUSC証書SAMPLE

※筆記試験と実技試験に合格すると、認定証と認定カードが発行されます。証書面とカード裏面に記載された飛行形態での操縦経歴が証明されます。

※実技講習内で行なった操作内容は基礎的な操作に留まっています。実際の飛行では更なる複合同時操作が必要となります。修了後も操縦技術の維持・向上に努めてください。

※SUSC無人航空機操縦士認定証は操縦経歴や技能を証明するための認定証であり、取得後も自由にドローンを飛ばせるわけではありません。実際に飛行禁止場所や定められた方法に依らない飛行を行うには、国土交通省航空局の飛行許可が必要です。

※操縦技能認定証を有していても、飛行許可・承認内容の組み合わせによっては飛行許可・承認が出されない場合があります。