MURAMOTO DRONE TERRACEでは、SUSCセキド無人航空機安全運用協議会が発行する技能認定資格証明【SUSC無人航空機操縦士3級】【SUSC無人航空機操縦士2級】の取得を目指すドローンスクールの開校に向け現在準備を進めております。

SUSCドローンスクール大阪の技能認定コースは、常設ドローンスクールでは大阪府下最安値!

SUSC無人航空機操縦士資格認定コース
順次受講申し込み受付中

操縦技能認定証取得プラン

SUSC
無人航空機操縦士3級

10時間の飛行経歴証明に!

基礎的な操縦技術と知識が学べるコースです。認定試験(筆記及び実技)に合格すると操縦技能認定証が取得できます。

技能認定証取得プラン

SUSC
無人航空機操縦士2級

物件投下以外の飛行形態全てを網羅!

実技ではGPSによる機体制御補助をキャンセルしたATTIモードでの操縦や目視外飛行の実地訓練が含まれます。

2級コースの受講申し込み受付開始まで、
今しばらくお待ちください
技能認定証取得プラン

SUSC無人航空機操縦士
2級ステップアップ

無人航空機操縦士3級から2級へ昇格!

JUIDAやDPAの操縦技能認定を既に保有されている方にもお勧めです。

SUSC ドローンスクール大阪 受講料金表

SUSC無人航空機操縦士
3級コース

¥ 137,500

受講日数:3日間

初心者向け基礎講習プラン

10時間の操縦経歴証明に

制御補助アリでの操縦を習得

飛行ルールや法律を学ぶ

SUSC無人航空機操縦士3級

SUSC無人航空機操縦士
2級コース

¥ 170,500

受講日数:4日間

中級者向け講習プラン

目視外飛行の訓練経歴が追加

ドローンの業務利用にはこれ!

ATTIモードでの操縦を習得

SUSC無人航空機操縦士2級

SUSC無人航空機操縦士
2級ステップアップコース

¥ 55,000

受講日数:2日間

3級資格取得後のステップアップ

他団体の資格保持者に

目視外飛行の訓練経歴が追加

3級座学をさらに深めた内容に

SUSC2級ステップアップコース
SUSCドローンスクール大阪|マイペースプラン

技能認定資格取得を目指す講習プランはどこのスクールも料金が高額になりがち。MURAMOTO DRONE TERRACEでは、SUSC無人航空機操縦士資格取得コースを試験を含めて8段階に分割し、一回当たりの講習単価を抑えるマイペースプランをご用意しました。

所定のカリキュラムを修了すると、技能認定試験の受験資格を得られます。所定の筆記試験と実技試験それぞれに合格された場合は、

STEP-5到達でSUSC無人航空機操縦士3級を、STEP-8到達でSUSC無人航空機操縦士2級を取得可能です。

講習の内容は技能認定取得プランに準ずる内容にて3時間を1コマとして進行します。

  • 一回当たりの受講料を抑えられる
  • 3つの時間帯から選べる日程
  • 講習の間に自主練が可能
  • 技能認定資格の取得も可能

※1日に受講できる講習は最大2コマまでです。

ステップアップ

SUSCドローンスクールカリキュラム

座学講習内容

  • ドローン概論
  • ドローンて使用する電波について
  • 気象について
  • ドローンに係る航空法
  • その他飛行のルールについて

実技操縦訓練内容

  • 機体確認
  • 離着陸
  • ホバリング(GPS無し)
  • 遠方発着
  • 内向旋回
  • 8字飛行
ドローンテラス 独自講習プラン

「とりあえずドローンを飛ばしてみたい。」「操縦士資格を取るまででもないけれど飛行のルールを学びたい。」「ドローンを趣味としてスタートしたい。」などの要望にお応えする、ホービーユーザー向けの講習をご用意しています。

オリジナル講習プラン

ドローン
操縦体験コース

受講時間:約20分

受講料金:1,000円

小型ながら本格的な空撮が可能なエントリーモデルのドローン、Mavic Miniの操縦を体験していただけます。

SUSC無人航空機操縦士3級または2級コースのお申し込みか、DJI製ドローンの購入で受講料金相当額をキャッシュバック!

オリジナル講習プラン

ドローン入門パッケージ

受講時間:3時間

受講料金

Mini 2 コース:119,900円

Air 2 コース:167,000円

これから趣味でドローンを始めたいという方にお勧めの、機体購入と基礎的な操縦訓練、飛行ルールの解説がセットになったパッケージプランです。

機体重量によって適用される飛行ルールが異なる為、種別毎にお勧めドローンをピックアップ!

通常30,000円の個別講習コース+αがお得に受講できます。

無人航空機操縦士資格について

SUSC無人航空機操縦士資格は、セキド無人航空機安全運用協議会が発行する、技能認定資格(民間資格)です。

有資格者だからといって、自由にドローンを飛ばしてもいいわけではありません。

屋外で重さ200g以上のドローンを飛行させるには、ほとんどの場合で、国土交通省航空局による飛行許可あるいは飛行の承認が必要です。