ドローンに関係する様々な分野の専門家による
ドローンビギナーのための
ドローンセミナー

「空を飛ぶ機械」という至ってシンプルな機械であっても、ドローンを飛ばすには仕事での飛行はもとより遊びであっても守らなければいけない共通ルールがあったり、取るべき手続きがあったりと、正しくドローンを飛行させるには様々な分野の知識が必要になります。

突き詰めていくと広く深い知識が必要なドローンの飛行

各分野の専門家からの視点で見るドローン規制を紐解くセミナーを開講します。

MDT ドローンセミナー

第2回 

開講日時:2021年7月24日(土)〜25日(日)

会場:MURAMOTO DRONE TERRACE

受講料金 ¥18,000(税込)

※ 最少開講人数5名

第4級 アマチュア無線技士免許
対策講座

マイクロドローンの正しい利用を促進するために、MURAMOTO DRONE TERRACEでは、開局手続きに必要となるアマチュア無線技士免許試験対策講座を定期的に開講いたします。

マイクロドローンを扱うには必須

日本では電波法による規制のため、特例措置によって使用可能な2.4GHz帯の周波数の電波を使う機器以外を使用する場合は、無線局の開局手続きを行わなければなりません。

ドローンレースに使用するマイクロドローンも、FPV(機載カメラからの一人称視点)飛行を行う際のFPVゴーグルへの映像伝送は、5.7〜5.8GHz帯の電波を使用しています。電源ONと同時に映像伝送も発信してしまうため、練習としてFPVゴーグルを使用しない目視飛行おこなう場合も開局手続きが必要です。

無線の免許は2種類

マイクロドローンのFPV飛行に必要なのはアマチュア無線局(放送局)として無線局免許です。無線局免許の取得のために必要な要素として無線技師が含まれるため開局免許を取るために無線技師免許も必要となる2重に免許が必要となる制度となっています。

マイクロドローンライフの第一歩を踏み出すための第一の関門を突破しましょう!

contact