11月末のドローンテラス建設現場

MURAMOTO DRONE TERACEは総面積500㎡を超えるドローン専用の屋内遊戯施設とフライトスペース、ドローンストアを備た複合型ドローンアミューズメントとして、大阪メトロ御堂筋線の新金岡駅から程近く、堺市北区長曽根町の大阪中央環状線(大阪府道2号線)沿いにオープンします。

施設内には、
・Tiny Whoopをはじめとするマイクロドローンのためのフライトスペース
・ドローンの操縦や飛行のルールを学んだり、国土交通省航空局への飛行許可承認申請を行う時に役立つ無人航空機操縦技能認定の取得を目指すドローンスクール
・初期設定から初フライトまでを一貫して行えるプロショップ
が併設され、ドローンの飛行を純粋に楽しみたい人から仕事の中でドローンの利活用を進めたい人まで、ユーザーの属性を問わず楽しんでいただける、そしてドローンにまつわる様々な問題の解決策を提供できる場とし運営できる様、来年春の開業に向けてスタッフ一同鋭意準備中です。

DRONE TERRACEはこんな施設

11月末のドローンテラス建設現場

建物のフレームは11月末時点でほぼ出来上がっており、おおよその形が見えてきました。 純粋なフライトスペースとしての総面積はおよそ328㎡。2層構造で入り口直ぐの吹き抜けを利用し高さ8mを超える大コートを経て、ショップで購入いただいたドローンのテストフライトや、ドローンの操縦体験、レンタルドローンのフライトスペースや実技講習スペースとして使用する小ブース型のコートを4つ設置。
1階は主に機体の重さが200g以上のドローン(航空法では無人航空機に分類されるもの)を飛ばすスペースとして、操縦練習を行っていただくエリアです。

建物のフレームは11月末時点でほぼ出来上がっており、おおよその形が見えてきました。 純粋なフライトスペースとしての総面積はおよそ328㎡。2層構造で入り口直ぐの吹き抜けを利用し高さ8mを超える大コートを経て、ショップで購入いただいたドローンのテストフライトや、ドローンの操縦体験、レンタルドローンのフライトスペースや実技講習スペースとして使用する小ブース型のコートを4つ設置。 1階は主に機体の重さが200g以上のドローン(航空法では無人航空機に分類されるもの)を飛ばすスペースとして、操縦練習を行っていただくエリアです。 2階はフロア全体を、Tiny Whoopなどのレースドローンの飛行を楽しんでいただけるコースを設置し、平常時はフライトスペースとして運営し、ドローンレースなどの各種イベント開催を想定しています。

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です